愛と霊の世界

~片想い、遠距離恋愛を成就させる~ 飛ばし

皆様から電話占い愛染に寄せられます恋のお悩みの中でも目立つのが片思い、とくに遠距離のお相手に関してのご相談です。こうしたご相談をお受けする度に、多くの方が報われないお気持ちを抱きながら苦しんでおられるのだなと、私ども霊能者一同も日々痛感しております。 そこでこのページでは、皆様ご自身でもおこなうことのできる遠距離恋愛の成就法をご伝授させていただきます。決して難しい修法ではございません。ご自身で毎日おこなうことにより、より確実な効果が得られるでしょう。ぜひ挑戦なさってみてください。

遠距離恋愛のお悩みに対応する私どもの方法~ 念飛ばし

通常、皆様から片思い成就のご相談をお受けした場合、お相手の心を読む霊能透視に加えて、念飛ばしをおこないます。この念飛ばしは、お相手の心を引き寄せるためにひじょうに有効な修法なのです。また、片思いの場合だけでなく、遠距離恋愛でお互いの気持ちが離れがちなケースにおいても、たいへん効果があります。第一にお相手の心に貴女の存在をより強く刻み込むことができるので、これによって遠距離恋愛の自然消滅や浮気を防止することができます。

念とは何か?

念飛ばし

念飛ばしによる恋愛成就法をご紹介する前に、「念」とは何かについてご説明させていただきたいと思います。簡単に申しますと、「念」とは人間の意識エネルギーのことです。もっとわかりやすく言えば、私たちの感情です。感情の情と念という言葉を合わせた「情念」という言葉がありますが、これは感情という言葉よりも、その中にこもっているものが強く激しい場合に使います。

つまり、念飛ばしで使われる「念」とは、私たちが日常の中で普通に思い浮かべる意識や感情ではなく、それを相手に影響を及ぼすほどに強めたものなのです。他人に対して嫌な感情を抱くことは誰でも日常的にありますが、この程度の感情は決して相手に影響を及ぼすことはありません。しかし、相手を呪うほどに憎んだ場合、知らない間に念を飛ばして相手に何らかのダメージを与えている、ということはよくあるのです。これがいわゆる「生霊」と言われるものです。貴女の「念」が「生霊」になるかならないかは、その中に恨みの感情が混ざっているかどうかで決まるとも言えるでしょう。

「念」とは、強い意識エネルギーであり、深い思いのパワーですが、その中に少しでも相手を責めるような気持ちやネガティブな感情が含まれていれば、念を飛ばすことで相手に悪影響が出ます。またひいては貴女にもマイナスのパワーが戻ってくることになります。

恋愛成就のための念飛ばしをおこなう際に気をつけていただきたいことは、相手に対して「なんで振り向いてくれないの?」などと責めたり、恨んだりする気持ちを一切持たないということです。恋がなかなか報われなければ、恨み事のひとつも言いたくなりますが、そのような感情を持って念飛ばしをおこなった場合、決して良い結果を生み出しません。念飛ばしは、必ずポジティブな意識でおこなうことが大切です。

今すぐ実行できる念飛ばし

相思相愛の遠距離愛を継続させる

では、貴女が思い描いたイメージを念として相手の意識へ送る方法をご紹介します。この方法は、すでに相手とのお付き合いがある、というケースに向いています。遠距離恋愛で彼の気持ちが離れかけているときや、浮気が疑われる場合、また、彼からのプロポーズを望んでいるときなどにおこなえば効果的です。

相手が寝ている時間帯であれば、いっそう効き目があります。できれば一週間以上続けていただきたいのですが、夜遅くに起きることが難しい場合、一日おきに昼間おこなっても良いでしょう。

まず、部屋の明かり暗めにして、彼の住んでいる方角へ向かって座ります。正座が苦手な方は軽く足を開いて立っていただいて構いません。肩の力を抜いて目を閉じ、両手をヘソの下あたりに重ね、手を当てた下腹に気が溜まるように意識を集中します。

次に、彼と貴女が仲良く話をする姿や、手をつないでデートをする様子、または二人の結婚式など、貴女が望んでいる二人の理想の姿を具体的に強くイメージします。一場面だけでも、ストーリー仕立てでも、どちらでも構いません。普通の人間の集中力はそれほど持続しませんから、かける時間は5分ぐらいでいいでしょう。「念を飛ばす」という感覚が一般の方には分かりにくいと思いますが、強く念じること自体が、「念飛ばし」だと思ってください。始めから終わりまで彼のことを強く思うことが重要です。

片想いの相手へ思いを飛ばす

片思いの相手への念飛ばしは、お二人の間にまだ心の交流がないため、その分入念に行う必要があります。

まず、相手の名前を書いた紙と写真を用意してください。それを目の届くところに置きます。室内の照明は、紙と写真が見える程度に薄暗くしてください。
準備が済みましたら先程と同じ体勢をとり、名前と写真を見つめて彼のことを強く思います。彼の意識に貴女の「好き」という気持ちを送るわけですが、単に「○○さん、好き、好き、こっちを振り向いて…」と念じるだけでは、たとえ貴女の気持ちが彼に届いたとしても、彼が貴女の気持ちに応えてくれるとは限りません。
逆に「この人に好かれているみたいだけど、何となく怖い…」と敬遠されてしまう可能性もあります。

好きな相手に念を送る際に一番必要なのは、思いやりや気遣い、温かい見守りの心、心底相手の幸せを願う気持ちなのです。大きな愛で相手の心を包むような心持ちで、「好きです、私の気持ちを受け止めてください」と強く念じてください。可能であれば、時間は少し長めで10分ほどおこなうとよいでしょう。

このように念じますと、彼の心に穏やかな波長の念が届き、貴女への愛情が自然に湧いてくるのです。少し時間はかかりますが、すでに相手に恋人がいる場合にも、この方法はたいへん有効です。
これらの念飛ばしには面倒な手間もいりませんし、短時間におこなうことができますので、ぜひお気軽にお試しになってください。

鑑定のご予約・お問い合わせ

受付時間:午前9時~翌朝5時(年中無休)

ナビダイヤル0570-009-009

Visa-Master-JCB