愛と霊の世界

あなたにも来る、生き霊回避する方法をご紹介

生き霊による恐ろしい影響…どう回避すればいい?

生き霊

「あの人との関係をうまくいかせたいのに、なぜかいつも妨害が入り、うまくいかない」「なぜか原因不明の体調不良に悩まされている」「なんだか無気力で何をするにもやる気がわかない」このような症状が起きている場合、生き霊の影響を受けている可能性があります。

もちろん、その他にも考えられる原因は多数ありますが、中でも目に見えない影響が多いことから、その影響の深さや対処方法などは、普通ではなかなか知ることはむずかしいものです。そこで、生き霊による恐ろしい心身への影響や、その対処方法及び生き霊による影響を防ぐ方法などをご紹介しましょう。

生き霊とは何か

一般的に「霊」というと、人が亡くなった後に残る霊魂のことを指しますが、「生き霊」は、生きている霊ということから、今地上に生きている人間による霊という意味があります。

生きているのになぜ霊が別途存在するのかというと、生きている人間であっても、強い感情を抱くと、それが念となって、肉体を離れ、死んだ人の霊と同じように飛ぶことがあるからです。そして、嫉妬など「うらやましい」「ねたましい」感情は、特定の誰かに対して寄せられるものなので、その相手のもとへ飛んでいきます。ひどい場合には、その飛んできた生き霊の影響により、運気が下がったり、体調不良に悩まされたりするケースもあるのです。

一部の意見では、生き霊は魂の一部であり、飛ばしたほうは自分の霊魂の一部を失うため、まるで抜け殻のような状態になるといわれています。

生き霊の恐ろしさ

この生き霊は、さまざまな感情で飛ぶといわれています。誰かを強く愛する気持ちが、執着といえるほど強いレベルになっていれば、生き霊となって飛びます。一見、人を愛する気持ちはとてもポジティブなものに思えますが、思いが強すぎればそれは執着となり、果てには邪念となることもあります。もちろん、愛する人と円満な関係であれば問題はありませんが、ひとたび誰かに略奪されたり相手の浮気が発覚したりした際には、その愛の強い念は、愛する人を奪った相手や浮気相手への強い憎悪に転じるでしょう。そうなれば、最高にネガティブな殺意にも匹敵するくらいの強い憎悪や嫉妬の念が、生き霊となって飛ぶ可能性があります。

生き霊の特徴は、このような強い執着心が元で飛ぶというところにあるがために、基本的に恐ろしいものと解釈できます。さらに生き霊が恐ろしいのは、生き霊を飛ばされた人間へ、普通では理解しがたい悪影響を及ぼすことです。生き霊の影響を受けることは、生き霊に憑かれるともいわれることがあります。生き霊に憑かれた人間は、さまざまな症状が起きてきます。

生き霊の影響を受けたときの具体的な症状

不眠

生き霊による症状で、最も多いといわれるのが「不眠」です。寝つきが悪いというだけでなく、いったん眠りについてもまた数時間後に目覚めてしまったり、朝いつもよりも早く目覚めてしまうのが続いたり、しっかり寝たと思っても疲れが完全に取れず慢性的な疲れに悩まされたりします。

また、体のあちこちが痛くなることも多い症状です。例えば、頭痛や肩こりや首こりがひどい、吐き気がする、胃腸の調子が悪い、背中が痛むなどです。その他、原因不明で身体面で障害が出ることがあります。時には、寝ている間に金縛りにあい、体の上に何か重いものがのしかかっているかのように感じることもあります。

そしてもっと恐ろしいのが、精神的な影響も受けることです。情緒不安定になり、わけもなく悲しくなったりうつになったり、ひどい場合には、自殺願望が生まれたりします。さらに、運気が下がるというのも、恐ろしい影響の一つです。運気には恋愛や結婚、仕事、金銭、健康などさまざまなジャンルがありますが、そのすべてが悪い方向へ向かい、突然不運な交通事故に遭ったり、金銭トラブルに巻き込まれたり、恋愛がうまくいかなくなったりします。もちろん、生き霊を飛ばしてきた相手から、嫉妬の念を受けているのであれば、付き合っている相手との関係にも悪影響が及ぼされることがあるでしょう。

このように、生き霊の影響を受けたときには、ありとあらゆる不具合が起きてくるといわれており、最悪の場合、何らかの原因が重なって、死に至るケースもあります。

生き霊を飛ばす方法がある?

このような恐ろしい生き霊は、どのようにすれば飛ぶものなのでしょうか?中には恨みのある相手がいて、その相手へ生き霊を飛ばしたいと思う人もいます。しかし、生き霊を飛ばすこと自体、「百害あって一利なし」といわれるほどメリットもなく、むしろ自分が苦しむことになることを心得ておく必要があります。

その上で、生き霊を飛ばす方法を示すと、感情を強くし何度も何度も繰り返して長時間、明確にその感情を持ち続けることだといわれています。しかし、実際生き霊を飛ばしている多くの人たちは、無意識に飛ばしてしまったというケースのほうが多いようです。つまり、知らず知らずのうちに相手に生き霊の影響を生じさせているほうが多いということです。

生き霊を飛ばすと自分自身はどうなるか?

意識的にも、無意識的にも、もし生き霊を飛ばすことに成功した場合、飛ばしたほうはどのような状態になってしまうのかはあまり知られていません。しかし、生き霊を飛ばしたほうも、実は運気が下がるといわれています。よくいわれるのが、生き霊は魂の一部が抜け出した状態なので飛ばした本人はまるで抜け殻のようになり、無気力感にさいなまれるということです。運気も下がり、すべてが悪い方向に進み、さらに心身ともに不調に見舞われます。

また、その憎悪や嫉妬などの強いネガティブな感情をいつも抱いているということは、当然、他の学業や仕事にも集中できないばかりか、あらゆる人間関係も悪化し、まともな社会生活を送ることは困難になる可能性が高いでしょう。

生き霊

■生き霊による影響を受けた事例 ①

生き霊による影響を受けた事例の中でも多いのは、恋愛関係です。特に、男女の三角関係が主になります。例えば、親友に彼氏を奪われた女性が、その親友の女性に対して祝福の気持ちを持とうと無理に思ったあまりに、嫉妬やショックの念を封じ込めてしまったことで、結果的にそれが強力な生き霊となり、親友を襲ったという事例があります。

その際、その親友の女性は、夜寝ている間に金縛りに遭ったり、彼とデートをする日の朝、寝起きに胸をつんざくような痛みが走ったり、鏡越しに女性の影が映り、後ろからはがいじめにされ、首を絞められそうになったりしたそうです。しかし、当然、生き霊を飛ばした本人は無自覚ですから、止めようもありません。そこで耐えかねた親友の女性は、知り合いの霊能者に見てもらうことで、生き霊の影響であることが発覚しました。最終的には、霊能者の除霊術によって生き霊は消え失せました。

■生き霊による影響を受けた事例 ②

また、海外出張に行っているはずの旦那さんが、妻や子への強い想いから、自宅に生き霊となって現れたという話や、病気の子どもを持つ母親が会社で仕事をしている最中に、子どもが苦しんでいる姿が窓辺にぼんやりと写り、ちょうどそのとき薬を切らしていた子どもが苦しんでいたという話もあります。これらはどちらも恋愛とは異なり、親子や家族への強い愛情がさせた生き霊の現象です。通常では考えられないようなことも、強い感情が生まれると、それが向かうべき先に現れるといったケースもあるのです。

生き霊への対処法

もし生き霊による影響を受けていることが分かったり、何らかの原因不明の心身の不調や運気の低下が感じられ、生き霊からの影響が考えられたりした場合、早急に生き霊へ対処する必要があります。

一般的に、生き霊は、普通の霊と同じように「除霊」をして対処する方法が考えられます。つまり、霊能力のある人に、除霊を行ってもらうというわけです。しかしながら、生き霊の除霊は、一般的な死霊の除霊とは異なり、非常に困難だといわれています。なぜなら、生きている生身の人間の念から発せられるものであるがために、死んだ人の霊や動物霊などよりも強力だからです。よって、よほど強い霊能力を持つ霊能者でなければ、完全に祓うことはむずしいようです。

また、自分で実践できる生き霊への対処方法として、部屋の中で盛り塩をしたり、塩を体に振りかけて悪いものを除去したり、パワーストーンをお守り代わりに携帯したりする方法があります。

そして、精神的な部分でいえば、生き霊を飛ばしてきた見知らぬ相手、もしくは思い当たる相手に対して、同じように怨念を抱くのではなく、むしろ何か思い当たる節があるのであればそのことを謝罪し、「○○さん、帰ってください」とお願いするという方法が良いといわれています。さらに、憎悪や嫉妬の怨念に勝つために、自らは喜びの感情を抱き続け、最高潮にポジティブなエネルギーで満たすという方法もあります。その喜びのエネルギーを、生き霊を飛ばしてきた相手に送り、相手の幸せを願うことも効くといわれています。相手が怨念を抱き続けている間は、当然、相手も不幸のどん底です。よって、相手が幸せになり、喜びに満ち溢れた感情を抱くようになれば、生き霊も消え失せ、自分にも幸福が訪れるという考え方です。

生き霊を防ぐ方法

では、生き霊の影響をあらかじめ受けないように予防する方法はあるのでしょうか。確かに生き霊の影響を受けることは無自覚で行われることですが、普段から予防策を講じておくことで、その影響を受ける機会が減ります。仮に生き霊を飛ばされたとしても、影響を受けにくくなるともいわれています。

その予防方法としては、まずは部屋中で不要なものを捨てて、きれいに掃除しておくことや、自分自身の身体や身に付けるものもキレイにしておく。常に波動の高い良質な感情を抱くようにすることなどがあります。

鑑定のご予約・お問い合わせ

受付時間:午前9時~翌朝5時(年中無休)

ナビダイヤル0570-009-009

海外の方は 06-6292-6003

Visa-Master-JCB