愛と霊の世界

人の運気をい取る「吸収体質」について

いい人なのに一緒にいると疲れる…あなたの周りにもいませんか?

イメージ

家族、友人、恋人、同僚……。私達は日々さまざまな他人と関わり合って暮らしています。そして、そういった人間関係は必ず運気の変化をもたらします。関わり合う他人を通して受ける運気の上下動は決して馬鹿にできるものではなく、時にはあなたの人生を大きく底上げしたり、また逆に不幸のどん底へと落としたりします。

こういった要素は、性格や資質、言葉や態度で、ある程度判断することが可能ですので、霊感を持たない人であっても「この人とはずっと付き合っていきたい」「この人とは距離を置いた方がいい」と判断することが可能です。ですが、中には全く悪意が全くないにも関わらず、周りの人の運気をどんどん吸い取って不幸に陥れるタイプの人がいます。こういった「吸収体質」の人には要注意です。

良い人なのに、いつまでも不幸な人

「吸収体質」は、周りの運気を吸い取って一人だけのし上がるタイプが多いかと思いきや、決してそんなことはありません。もちろん中にはそういった人もいますが、そういう人は見るからにエゴイストな性格をしていますから一目瞭然です。むしろ本当に厄介な吸収体質は大体、性格的に良い人です。頑張り屋だったり、仲間思いだったり、何かに一生懸命だったりします。そして境遇的にはどちらかというと不遇である場合がほとんどです。

「すごく頑張っているのになかなか評価されない、なぜか悪い人から嫌がらせを受ける、それに心を痛めながらも懸命に頑張っている」といったスパイラルを形成している場合が多いと言えます。そんな人には周りも応援の言葉や救いの手を差し伸べようとしますし、本人もそんなポジティブなパワーを嬉しそうに受け取ります。でも、いつまで経ってもその人は不幸な境遇から脱出できません。周りのパワーをどんどん吸い取りながら、いつまでも同じ場所で足踏みを続けるのです。

不幸な境遇に留まり、周りの人から気を吸い取り続ける

そういったタイプの人は、魂レベルで幸せになろうとしていません。「こんなに健気に頑張っているのになかなか上手くいかない自分」という状態に留まり続けようとしています。その状態に留まり続けている限り、周りの人は同情し、応援の言葉や救いの手を差し伸べようとするでしょう。ですから、その状態をキープすることで、周りからひたすらポジティブなパワーを受け取り続けることができるのです。

もちろん、本人にそんなつもりはないかも知れません。むしろ、自覚のない人がほとんどです。ですが、そういった人が近くにいた場合、あなたは絶えず自らの運気を吸い取られ続けることになります。あなたはその人の「供給源」のひとつにされてしまうのです。やがてあなたはその人に何もかも吸い取られ続け、疲れ果て、不幸の谷底へと沈んでいってしまうでしょう。

精神的に疲れる人とは付き合いを深めるべきではない

霊的にプラスになる人は、接するだけで満たされた気分になります。例えば一日いっしょに遊んで、肉体的にはとても疲れているにもかかわらず、精神的には幸せな気分になり、その夜は良い気分でスーッと眠りにつけるでしょう。その一方、霊的にマイナスになる人は、たとえ良い人であっても、接した後で精神的疲れが押し寄せます。それほど長時間遊んでいなくても、すぐに虚脱感に襲われ、空気の抜けかけたタイヤのような感じになってしまいます。ぐったりと疲れた気分で眠りに落ち、悪夢にうなされることになるでしょう。

その人と接した後は毎回そうなる、という場合、あなたはその人から「運気を吸われている」と考え、危機意識を持つべきです。たとえその人がどれほど良い人であっても、あまり付き合いを深めるべきではありません。適度な距離を取るのが得策です。

一見とても良い人だからといって、実際にプラスの作用をもたらすとは限らないのが、霊の世界の恐ろしいところ。あなたの運気を吸い取り続ける「吸収体質」の人にはくれぐれも要注意です。

鑑定のご予約・お問い合わせ

受付時間:午前9時~翌朝5時(年中無休)

ナビダイヤル0570-009-009

Visa-Master-JCB