愛と霊の世界

恋愛、結婚のが発動する際の予兆について②

食べ物や服装の色の好みに変化が現れる

イメージ

ある時を境に突然、嗜好性が変化するというのも、出会いの縁が発動する前兆となることが多いようです。例えば貴女が子供の時からずっと苦手であった食べ物が、急に美味しいと感じられるような出来事。これは、魂の質に何らかの変化が生じたことを意味します。今まで評価できなかった味を美味しいと思えるようになるわけですから、それは味覚が以前より鋭敏になったことの証しであり、すなわち魂の振動数(波動の質)も以前より微細になったことを意味します。この振動数の変化により、今までは縁のなかった同じ振動数の魂を有する異性が新たに貴女を注目するようになるのです。

食材に対する嗜好性や偏向というのは、一見すると物質次元の事象に過ぎないようにも思われますが、深い部分ではその人の霊性と深く関わっています。そもそも味覚を含めた五官というのは、その人特有の魂の個性が肉体の感覚器官を通して外界に表出し、様々な物象を評価していく過程で形成されていくものです。辛い味が好きな人には情熱的で短気なタイプが多く、甘い味が好きな人は保守的な価値観を有するなど、味覚の好みから人間のタイプを判別することもできるほどです。また味覚に鈍感な人、いわゆる味オンチは霊的感覚も鈍いことが多く、霊障や霊憑依の被害を受けにくいという点では評価できるのですが、ここぞというときに正しい直感が働かずに好機を逃しやすい傾向があります。逆に味覚が鋭い人は直感力も鋭いので、運命の相手と出会った時に「とくに理由はないけれど、なぜか彼のことが気になる!」と感じるわけです。

なお色彩の好みの変化に関しては、その人のオーラの在り方と関わってきます。貴女が好きな色というのは、貴女自身が発するオーラの主要色と補色関係の色であることが多く、その好みの変化は貴女のオーラも変性したことを意味します。例えば今までグリーン系の服が好きだったのに急に青系の色に惹かれるようになったということであれば、オーラの主要色が赤系からオレンジ系へと移り変わったということになるのです。オーラが変化するとその人自身の存在感やムードにも顕著な変化が出てくるので、とくに女性の場合は今まで関心を持たれなかった相手から急に注目されるような出来事が起こりやすくなります。

美しい事物に遭遇することが多くなる

先に魂の振動数のことを述べましたが、そのオクターブが高くなるほど美しい事物との縁が深くなります。美とは高次元の霊界の波動が物質世界に降りた時に得られる感覚なので、美との接触の機会が多くなるということは貴女がレベルの高い霊界と縁を持ち始めたということを意味します。それは特定の風景であったり、アート作品であったり、ときには美男美女かもしれません。いずれにしても、そうした事物や人との関わりが深まる時というのは運命の出会いが発動しやすい時期でもあります。

赤の他人に間違えられるような出来事が起きる

街角を歩いていたら急に見知らぬ人から声を掛けられた。しかも自分の名前ではなく、全く知らない人の名で呼ばれた……。そうしたことが短期間に2度以上起きたら、それは間違いなく出会いの幸運が訪れる前兆です。

この世には自分と似た人間が7人いると言われますが、同質の魂の振動数を有する人間はそれよりもはるかに多く何千、何万人と存在しています。貴女を誰かと間違えたその人は、単に顔形が似ているというだけでなく、魂の質が同じであるために勘違いをしたのです。魂質が同じ人間同志というのは佇まいや雰囲気も似通っているので、それだけ貴女の魂の個性が外部へ強く打ち出されてことの表れとなります。赤い糸の縁は同質の魂同志で結ばれるという原則を考え合わせれば、その運命の相手が貴女の存在に気づいて注目する可能性もそれだけ高くなっているということになるわけです。

健康面が自然に良好となり、身体を動かしたいと思うようになる

健全な肉体に健全な魂が宿る、という言葉はある意味で真理です。例えば今まで病弱だった人が急に体質が変わって丈夫になってきたという場合、その時期に結婚に関わる出会いが起きる可能性を示唆しています。まだ幼かったり、10代の初めであったりした場合はその限りではありませんが、もし20代以降に体質改善を自覚したら、運命の相手をキャッチする好機だと思って積極的に動き回ってください。

ショックな出来事が起きるが実際にはそれほどの大事には至らない

「郷里の親が倒れたとの報せを受けたが、慌てて見舞いに行ってみると大したことはなく元気だった。」「乗っていたタクシーが向かいの車と接触して危うく衝突!しかし何事もなく無事だった。」「勤めている会社が倒産の噂。しかし、何とか経営危機を脱することができた。」

こうしたさしたる実害を伴わないショッキングな出来事というのは、それをきっかけにして運気が大きく変化することを告げています。恋愛や結婚の運勢に限らず、金運、人間関係、仕事などの様々な面において、今までとは全く違う局面が出てくることでしょう。その変化の波に上手く乗ることができれば、その後の貴女の人生は良い方向へと傾いていくはずです。

柔和なピンク色が印象的な色彩夢を見るようになる

普段はモノクロの夢しかみない人でも、精神的な疲労が濃い時には色の付いた夢を見やすくなると言われています。そうした生理的な色彩夢とは別に、一種の予知夢として色付きの夢を見ることもあるのです。

恋愛や結婚での幸運を告げる色彩夢では、桜色や桃色のようなソフトな感じのピンクが強調されます。赤みがさほど強くないピンクのカラー波動というのは、人が恋に落ちた時に発する精神波動と酷似しており、貴女の魂が「恋愛や結婚の出会い」が間近に迫っていることを夢の形で告知しているのです。

そうした夢を連続的に見るようになると、運命の相手との出会いはもう間近ということになります。あるいはすでに出会っていても、貴女がそれと気づいていない場合にも同じような夢を見ます。

鑑定のご予約・お問い合わせ

受付時間:午前9時~翌朝5時(年中無休)

ナビダイヤル0570-009-009

海外の方は 06-6292-6003

Visa-Master-JCB