愛と霊の世界

的秘法に属する、格的な恋愛成就のおまじない

まじないにおける祈りとは、意を乗せること。自分の発する念パワーに無自覚では、効果が出ません。

女性向け占い雑誌などでは、定期的におまじないや願望成就呪術の特集が掲載されます。そうした記事を読んで、試しに実践されたことがある方も多いのではないでしょうか。なさったことがあるという方に伺いますが、あなたはそのおまじないを行って何らかの効果を実感されましたか?恐らく多数の方が、曖昧だった、あるいは全く効かなかったとお答えになるのではないかと思います。

勘違いされている方が多いようなのですが本来、呪術やおまじないというのは、その人自身に潜在している念の力を増幅させて、自ら願望達成へと導く方法です。天に向かってお祈りをすることで、神仏や精霊などの超常的な存在があなたを助けてくれるというわけではありません。ですから、おまじないや呪術の方法が適切であるにもかかわらず、その効果が一向に顕れない場合、術者であるあなた自身の念のパワーが足りていない、あるいは一抹の疑いの気持ちがある故に念を込めること自体が上手くなされていない、ということが考えられます。

そもそも「祈り」というのは「意」を乗せる、つまり何かの目標物へ向かって自らの意念を投げかけるという意味の言葉です。「神仏に向かって祈る」という場合も同様で、意念の力を意識して初めて本物の祈りとなります。おまじない、呪術を行う時には、とにかく一心不乱、真剣な気持ちで念を込める。このキーポイントを踏まえた上で、いずれも霊術秘伝とされるふたつのまじない法をご紹介させていただきます。なお当コーナーは女性の愛と霊能に関わる話題を提供することを旨としておりますので、恋愛と結婚に関わる願望成就法に絞らせていただきます。

片想い成就の秘法「恋合咒」

片想い成就の秘法「恋合咒」

最初にご紹介するのは古来、修験道の秘法として伝わる「恋合咒(れんごうじゅ)」と呼ばれる術です。意中の異性、片想いの相手から愛されたいと願っている場合に効果を発します。ちなみに「咒」というのは「呪」の異字体で、おまじないという意味です。 以下にその手順を記します。

  1. 自宅から見て、東の方角にある柳の木の枝を手に入れる。切り取る枝の長さはボールペンほどのサイズ。もし、柳の木がない場合は、他の灌木の枝で代用しても可。その場合は、適度に細い枝を選ぶ。
  2. 和紙で人形(ひとがた)を二体作る。神社の大祓(おおはらえ)の際に配られる物を代用しても可。
  3. ①で手に入れた枝を筆に見立てて、それぞれの人形に自分と相手の姓名を墨で書く。
  4. 出来上がった二体の人形の名前を書いた面を重ね合わせる。
  5. 白絹糸を用意し、重ね合わせた二枚の人形を縛る。その際は、首の部分、胴の部分、足の部分の三ヶ所で縛ること。
  6. 縛り上げた紙の人形を、山道や畦道、庭の縁石沿いなど人が歩く場所の端に埋める。
    注)原典には四つ辻(十字路)に埋める、とあるのですが、都市街路のほぼ全てが舗装されている現代ではその通りに行うのが困難です。そこで多少とも人通りのある未舗装路であれば可とします。もし地方の郊外にお住まいで、歩いていける距離内に未舗装の十字路がある場合は、そこに埋めるのが最上です。
  7. 人形を埋めた翌日から七日間、毎朝、東から昇る朝日に向かって合掌し、般若心経を唱える。

この七日を過ぎた頃から一ヶ月のうちに、想い人から何らかの働きかけを受ける。あるいは愛を告白する機会が訪れて両想いとなれる。

注)ネットを検索すれば般若心経のテキストがいくつも出てくると思いますが、この字面をスマホ画面に映して読むというやり方は、敬虔さの点で甚だ疑問です。儀式は気持ちから入ることが大切なので、デジタル機器を安易に多用することは好ましくありません。面倒でも紙面に印刷して、それを読誦するようにしてください。

以下に般若心経の全文と読み方を掲載させていただきます。

摩訶般若波羅蜜多心経

かん じ ざい ぼ さつ ぎょう じん はん にゃ は ら みっ た じ しょう けん ご うん かい くう
観自在菩薩。行深般若波羅蜜多時。照見五蘊皆空。

ど いっ さい く やく しゃ り し しき ふ い くう くう ふ い しき しき そく ぜ くう
度一切苦厄。舎利子。色不異空。空不異色。色即是空。

くう そく ぜ しき じゅ そう ぎょう しき やく ぶ にょ ぜ しゃ り し ぜ しょ ほう くう そう
空即是色。受想行識亦復如是。舎利子。是諸法空相。

ふ しょう ふ めつ ふ く ふ じょう ふ ぞう ふ げん ぜ こ くう ちゅう
不生不滅。不垢不浄。不増不減。是故空中。

む しき む じゅ そう ぎょう しき む げん に び ぜっ しん い む しき しょう こう み そく ほう
無色 無受想行識。無眼耳鼻舌身意。無色声香味触法。

む げん かい ない し む い しき かい む む みょう やく む む みょう じん
無眼界 乃至無意識界。無無明亦 無無明尽。

ないし む ろう し やく む ろう し じん む く しゅう めつ どう む ち やく む とく
乃至無老死 亦無老死尽。無苦集滅道。無智亦無得。

い む しょ とく こ ぼ だい さつ た え はん にゃ は ら みっ た こ
以無所得故。菩提薩。依般若波羅蜜多故。

しん む けい げ む けい げ こ む う く ふ おん り いっさい てん どう む そう
心無礙 無礙故。無有恐怖。遠離一切顛倒夢想。

くう ぎょう ね はん さん ぜ しょ ぶつ え はん にゃ は ら みっ た こ
究竟涅槃。三世諸仏。依般若波羅蜜多故。

とく あの く た ら さん みゃく さん ぼ だい こ ち はん にゃ は ら みっ た
得阿耨多羅三藐三菩提。故知般若 波羅蜜多。

ぜ だい じん しゅ  ぜ だい みょう しゅ ぜ む じょう しゅ ぜ む とう どう しゅ
是大神呪。是大明呪。是無上呪。是無等等呪。

のう じょ いっ さい く しん じつ ふ こ こ せつ はん にゃ は ら みっ た しゅ
能除一切苦。真実不虚。故説般若波羅蜜多呪。

そく せつ しゅ わっ ぎゃ てい ぎゃ てい は ら ぎゃ てい は ら そう ぎゃ てい
即説呪日。羯諦 羯諦。波羅羯諦。波羅僧羯諦。

ぼ じ そ わ か はん にゃ しん ぎょう
菩提薩婆訶。般若心経。

復活愛を叶える「鴛鴦の法」

復活愛を叶える「鴛鴦の法」

次にご紹介するのは、別離した異性の気持ちをもう一度取り戻す呪法、「鴛鴦の法」(えんおうのほう)です。この術もまた修験道の秘法で、『千手千眼合薬経』(せんじゅせんげんごうやくきょう)という仏教教典に基づいています。鴛鴦とはオシドリのこと。オシドリの夫婦は仲睦まじく、一度つがいとなるとその相手と一生添い遂げるという通説にちなんでいます。

原典ではオシドリの尾羽根を使うことになっていますが、それを手に入れるのは困難なので、手芸用や羽根ペンとして使用するガチョウの羽根で代用します。呪術のパワーとは自らの想念で練り上げるものなので、たとえそれがオシドリではなくガチョウの羽根であっても、オシドリの羽根だと信じ切ることができれば同等の効果を発揮することができます。もちろん本物のオシドリの尾羽が入手できれば、それに越したことはありません。

  1. 二枚の羽根を用意し、そのそれぞれに朱墨を用いて自分と相手の名前を書き込む。
  2. 羽根の両枚の名前の面を重ね合わせ、柄の部分を白絹糸で縛り上げる。
  3. 縛り上げた羽根は丁寧に和紙に包み、さらにその紙の上下を折り曲げて糊で封じる。
  4. 紙に包んだ羽根の依代に魂を吹き込む。具体的には封紙を前にして以下の「仏眼真言」と「千手観音陀羅尼」をそれぞれ五十回ずつ唱える。

    【仏眼真言】ナウマク サンマンダ ボダナン オン ボダロシャニ ソワカ

    【千手観音陀羅尼】オン バザラ ダラマ キリク

  5. 魂を吹き込んだ羽根の依代を肌身離さず持ち歩く。この呪法を修して一ヶ月以内に、離れてしまった相手の気持ちが再び呪者の元に還る。

以上、ふたつの恋愛成就秘法をご紹介しました。準備する材料の入手や手順などがいささか大変ではありますが、雑誌に掲載されている真偽不明のおまじないの類では飽き足らないという方は、ぜひ一度、試してみてください。

鑑定のご予約・お問い合わせ

受付時間:午前9時~翌朝5時(年中無休)

ナビダイヤル0570-009-009

海外の方は 06-6292-6003

Visa-Master-JCB