愛と霊の世界

護霊からのメッセージをけ取る方法

守護霊とはどのような霊のこと?

守護霊

守護霊とは、人を守る霊のことを言います。誰にでも必ず1人は憑いている存在で、憑いた人を守ることを使命とし、この地上にやってきています。いわば、姿の見えないボディーガードのようなものでしょうか。ボディーガードと言うと、屈強な男性の姿を思い浮かべるかもしれませんが、実際のところ守護霊に姿はなく、また、『守る』と言っても、物理的な何かから守ってくれるというわけではありません。

守護霊の目的は、憑いた人の『魂の成長を促すこと』です。その人が持つ前世からのカルマや、今世での運命をあらかじめ本人と共有し、その魂が目的とするものを達成できるようにサポートします。そして、べったりと私たちに張り付くのではなく、寄り添ったり距離を置いたりを繰り返しながら、生涯入れ替わることなく、私たちとともにあります。

守護霊と私たちの関係

私たちを守り、サポートしてくれる守護霊ですが、いったいどういう霊が守護霊として憑いているのでしょうか。わかりやすいケースでは、祖先や、先に亡くなってしまった肉親の霊が、守護霊として憑くことがあります。ご先祖様が守ってくれるという話は一般的にも耳にしますが、必ずしも生きている間に縁があるから守ってくれるわけではなく、霊界で縁があるから、守護霊となり私たちを守ってくれるのです。

守護霊と憑かれる人の間には、霊的親和性というものがあり、両者の魂はとても似通っています。同じ目的を持っていたり、ソウルメイト呼ばれる魂のグループで同じところに入っていたりと、何かしら共通するものがあります。似ているところがあるからこそ、私たちを守り成長させることで、それがまた、守護霊自身の魂の成長にもつながっていきます。

守護霊の力とは

実際に、守護霊の力とはどのようなものなのでしょうか。すべての人に憑いているはずなのに、それを強く感じている人もいれば、まったく感じていない人もいるでしょう。

例えば、生命の危機に際し、間一髪で助かるケースがあります。まさに天の神が助けたような、偶然が大きく作用するケースは、守護霊の力が働いていると考えていいでしょう。しかし、そのような非日常的な場面でばかり守護霊が活躍するわけではありません。守護霊は常に私たちにひらめきを与え、進むべき道を示してくれています。それに気付くことができるかどうかは私たち次第なので、守護霊からのサインを見逃さないようにすることが大事です。後ほど、守護霊からのメッセージの受け取り方をご紹介します。

守護霊の強い加護を受けるには

時々、強運を味方につけ、困難もなく物事を進めて行くような人がいますが、そういう人の多くは、守護霊の強力な加護を受けています。こういった話をすると、特別な人しか守護霊の加護を受けられないように思う人もいますが、誰でも守護霊の強い加護を受けることができるので、安心してください。

守護霊の強力な加護を受けるには、『正しい道を行くこと』です。正しい道といっても、規律や規範を守ることだけを指しているわけではありません。その人にとっての『正しい道』、つまり、『魂が成長できる道』を行くことが大事なのです。

自分の魂が成長できるような生き方をし、人生の目的に向かっている時は、守護霊からの強力な加護により思考が冴え、新しいアイディアが湧いたり、今までにない気付きがあったり、困難さえも味方につけて行くことができます。

時に静観する守護霊もいる

私たちが困っている時に助け舟を出してくれる守護霊ですが、時に静観し、私たちをただ見守ることもあります。それは、私たちが自力で困難、試練を乗り越えなければならない時です。困難を乗り越えることが魂の成長に必要であると判断すれば、守護霊は敢えて手を出さず、その魂の成長を待ちます。この時、守護霊に見放されたと思ったり、その力が弱くなったりしたと思う人もいますが、そのようなことはありません。守護霊は常に、私たちのことだけを思い、傍にいてくれる存在です。

守護霊からのメッセージとは

守護霊からのメッセージに気付き、それをしっかり受け取ることができれば、自分の人生をより良い方向へと運ぶことができます。守護霊からのメッセージについて、そもそもそれがどのようなものなのかをご紹介します。

やたらと気になるもの

何故だかわからないけれど、やたらと気になるものや目につくものがあれば、それが守護霊からのメッセージである可能性が高いです。なんとなくだけれどとても気になってチェックしたことが、後々役に立ったり、縁があるものだったりと、そこで知ったことが人生の中で重要なポイントになってきます。ですので、今の自分とはまったく関わりのないように思えることでも、やたら気になるものがあれば、気にかけてみるのが良いでしょう。

印象に残る夢

様々な夢占いがあるように、夢はとても大事なもので、守護霊が夢でメッセージを送って来ることもあります。繰り返し何度も見せてメッセージを伝えてくる場合もありますが、それよりも、朝起きた時にいつもと違う、とても印象に残る夢を見た時は少し気を付けてみましょう。夢の内容を思い出し、どんなメッセージがあるのかを考えてみます。その時にはわからないかもしれませんが、あとになって「なるほど!」と夢のメッセージを理解する瞬間が訪れるでしょう。

心に留まる言葉

人から聞く言葉でも、テレビから流れる言葉でも、街の中に貼ってあるポスターでも、なんでもいいのですが、ふと見つめてしまう言葉や心に留まる言葉があれば、それは守護霊からのメッセージだと考えていいでしょう。特に、何かに悩んでいる時に、その答えとなるような言葉が目に飛び込んで来たり、自分の背中を押すような言葉を聞いたりしたのであれば、確実に、守護霊があなたへのメッセージを送っています。たとえいつも目にしている言葉でも、その瞬間心に響けば、特別な言葉となります。

守護霊からのメッセージを受け取るために、大切にしたいこと

守護霊からのメッセージがどのようなものかわかってもらえたところで、今度は、それを受け取るために重要なことをお伝えします。

一番大切にしなければならないことは、『直感を信じること』です。目に見えない、感覚的なことなので難しいこともあるでしょうが、基本的に守護霊は目に見えず、送られてくるメッセージも、すべてが目に見えるものではありません。私たちの直感に働きかけている場合が多いので、直感を大事にしていると、守護霊からのメッセージに気付きやすくなります。そして、そのために重要なことは、五感を研ぎ澄ませておくことです。視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚のこの五感を研ぎ澄ますことによって、直感に繋がる第六感がより良く働くようになります。ぼんやりと時間を過ごしてしまったり、何か別のことを考えながら目の前のことを流すのではなく、今、この瞬間に自分が感じていることに集中するようにしましょう。そうすることで、守護霊からのメッセージを受け取りやすくなるだけでなく、生き方にも良い影響が出てくるはずです。

そして最後に、感謝の気持ちを忘れないことが大切になってきます。感謝と言っても、守護霊への感謝のことではありません。もちろん、その気持ちを持つことができればさらに素晴らしいのですが、それよりも、自分の周りへの感謝を忘れないようにしてください。私たちは常に、周りの人によって生かされています。そのことに素直に感謝して日常生活を送るようになれば、守護霊にとってもよりサポートしやすい体制が作れ、いっそう私たちを助けてくれるようになります。

鑑定のご予約・お問い合わせ

受付時間:午前9時~翌朝5時(年中無休)

ナビダイヤル0570-009-009

海外の方は 06-6292-6003

Visa-Master-JCB