愛と霊の世界

護霊からのメッセージをけ取る方法

守護霊

日常の生活でちょっとした危険や災難を回避できたことがありませんか?身に迫る危険を誰かに察知され、手を差し伸べられたような感覚。振り返ってもそこに人はいない。ただ確かに誰かの存在がそこにあり、助けられたという実感だけが残る。それはもしかしたら守護霊の存在かもしれません。

人にはそれぞれ守護霊が宿り、近くで見守られ人生を支えられていると言われます。「危ない!」といった危機一髪で免れた瞬間や、直感で選択したことが結果的に好判断だったことなど守護霊のお導きであったかもしれません。自分には守護霊が宿っていると思うと心強く思えるでしょう。しかし精神的にしんどいときなど直に守護霊の声を聴きたいと思うことがあるのでは。人生に迷っているさなか、自分を正しい方向に導いてほしいとの願いが。自分のことを何もかも知っている守護霊であれば答えを知っているはず。正しい選択、方向性を示してくれるとお考えでしょう。

もちろん守護霊は目に見えるものではなく、気軽に声を聴ける存在ではありません。ただ日々の心がけで守護霊と向き合い、生きるうえでのヒントを得られることがあると言います。できるのであれば守護霊に近い距離にいてもらい、お導きの声を聴きたいものですよね。そこで守護霊のメッセージを受け取るために常日頃するべきことや、心がけておくべきことをご紹介します。

直感を大事にする

ふと思い立って帰り道にいつもと違う道を選び、その途中で知り合いや昔の同級生と出会い、お茶やお酒を飲む流れになり話が盛り上がる、そこでの話で触発されることがあり、あなたの人生が動き出すということがあります。最初の違う道を選ぶという直感がこうした結果を導き、あなたの背中を支えているのです。直感というのは日々そうなかなか感じられるものではありません。仮に思いつきで動いたからと言ってすぐに何か変化が起きるものでもないでしょう。いわばピンとくることがあるかどうかです。何かを感じ取る嗅覚とも呼べるものです。いつどこでそんな感覚があるかはわかりません。

この直感で動くことの結果が、守護霊からのメッセージであったりもするのです。あなたに直感を与え、その通りに動くことでよい結果が得られると示唆しているのです。思い浮かべた人や物が、現実に現れてメッセージを残すということもあります。シンクロニシティというもので、偶然の結果が物事を動かす必然になるというものです。久々に会いたいと思った友人からメールが来て会う約束をすることや、スポーツニュースを見て気になっていた選手の試合のチケットが偶然手に入るなどです。観に行ったプロ野球やサッカーの試合で大逆転が起き、それが何かのメッセージを示唆していたりします。後付けでも構わないので、起きたことから何かを感じ取ることです。そしてそのときの直感を大切にしたいです。こうしたことの積み重ねで守護霊からのメッセージを感じ取りやすくなるでしょう。

常に何事にもありがたみを感じる

憎悪や妬みの心の持ち主には守護霊の加護は得られにくいでしょう。寛容で物事を受け入れる気持ちがあればおおらかさや邪念のなさから守護霊の後ろ盾を得られやすくなり、うまくいく要因になります。周囲に敵意を示す人には人が近寄らなくなるのと同様に、守護霊からも見放されることでしょう。負のオーラを身に纏うことは何一ついい結果をもたらしません。守護霊からのメッセージを受け取るには、それにふさわしい精神を持ち合わせていなくてはなりません。そのためには常に感謝し、ありがたみの心を持つことです。日常で気にも留めないようなことでも誰かの支えで成り立っていることもあるものです。親への感謝、成長を支えてくれた人への感謝。周囲の人への感謝の念を示し、その思いを伝えることでおのずと人間関係は良好になっていくはずです。いつしかあなたの人生が好転し、幸運や良い導きを得られるようになるかもしれません。

周囲の人や物事に感謝して巡り巡ってその恩恵を受けられる人になる。いい人生が送れることにもなります。「周囲からの恩恵を受けることに常に感謝できる人であれ」。これを守護霊からのメッセージと捉えてもおかしくはないでしょう。自分のなかで好意的に解釈をすることで守護霊と向き合い、メッセージを引き出すことに至るのです。心を清らかにして、邪念を捨て慈しみのオーラで身を包んでみましょう。何かが見え、聴こえてくるかもしれません。

自然のなかの静かな環境で守護霊の存在に思いを馳せる

自然

休日など時間のあるときに、近所の自然が多い公園や森林などを散策することです。そこでゆっくりと呼吸をして、瞑想などをしてみるとよいでしょう。山岳信仰に知られるように、自然が多いところは神々が宿る場所として崇められてきました。近年ではパワースポットとして知名度が高い自然スポットもあります。ちょっとした公園でも木々が生い茂り、自然のパワーを感じるところはあるでしょう。そうしたなかに身を置き精神を落ち着かせ、守護霊との対話を試みるのです。

日頃の生活のせわしなさから離れ、余計な疑念を消し去っていきます。おのずと守護霊を信じる思いが強くなり、日々守ってくれていることに感謝の念が生じてくるでしょう。守護霊の存在があるからこそ今の自分がある。そんな思いに至るのではないでしょうか。だから安心して前へ進んでいける。より一層守護霊を近くに感じられることでしょう。そこで思い巡らせたものが答えとなり、守護霊からのメッセージとも考えられます。自然は心のコリをほぐす場所でもあり、森林セラピーなども盛んでリラックス効果も高いです。人間にパワーを与えてくれる自然を活用しない手はありません。自然を介して守護霊のメッセージを得ることは合理的な考えです。自然と親しみ大切にする心を育むことで守護霊の存在を身近に感じていきたいものです。

守護霊からのメッセージを受け取るためには守護霊を始めとして、目に見えない存在に対して信心深い気持ちでいることです。日常の生活も守護霊に見られて恥ずかしくないような行いをするようにします。自分に正直に常に謙虚に行動することで、心が清らかになり守護霊との距離も近くなるはずです。一日に一度でも祈る時間、ゆっくり自分と向き合う時間を作り守護霊を迎え入れる感覚を自分で作っていきましょう。「何があっても動じない、くよくよしない、感謝の気持ちを持つ」。こうした考えが根付いていくといつしか自分のなかで生き方の指針が見えてくるはずです。そうやって自分が変わっていくことが守護霊からのメッセージなのかもしれません。守護霊の言葉を自分なりに解釈し、行動に変えていくことに守護霊を信じる意味があるというものです。

もし思い詰めて守護霊の存在が気になって仕方がないのなら霊能の力を持った占い師さんを通して聞いてみるものよいでしょう。何かのヒントがきっと得られるはずです。

鑑定のご予約・お問い合わせ

受付時間:午前9時~翌朝5時(年中無休)

ナビダイヤル0570-009-009

Visa-Master-JCB