愛と霊の世界

あなたの恋愛を駄目にする生き霊について

生き霊は、相手も自分も苦しめるもの。生み出したら最後、自分にも相手にも良くないことが起こります。恋愛の観点からいえば、生き霊は邪魔をする以外の何者でもありません。生き霊はどうできるのか、何が起きるのか、どうしたら生き霊を作らずに済むのか。幸せな恋愛のため、生き霊について知っておきましょう。

生き霊ができやすい人の特徴

生き霊

生き霊ができやすい人には特徴があります。それは、相手を主軸として生きている人です。例えば、「あの人に好かれたい」「嫌われたくないからあの人に合わせなきゃ」といったもの。こうして他人を主軸とするうちに、ある欲求が生まれていくのです。それは「執着とコントロール」です。

執着とは、相手にしがみつく気持ちを指します。つまり相手をターゲットとして狙いを定めてしまうのです。そしてコントロールは、相手を思った通りに動かしたいという気持ちです。「あの人がこうしてくれたらいいのに」「好きになって欲しい」などですね。この2つが素材となって生き霊を作りだします。

生き霊を飛ばしてしまった相手に起こること

まず生き霊は、相手のエネルギーを吸い取ります。相手が元気・陽気だったとしても、エネルギーを吸い取り、気力の無い・覇気の無い状態にしていってしまうのです。相手の寝つきが悪くなることもあります。それは生き霊が相手の元に現われるからです。寝ている間、生き霊の姿が相手の目に見えてしまうこともありますし、夢の中に登場して悪夢を見させることもあるでしょう。つまり本来休めるはずの「睡眠時間」が生き霊によって邪魔され、休むことができなくなるのです。睡眠時間は私たちにとって大切なもの。その時間が削られてしまえば、気力・体力はもちろん回復できませんよね。また、姿が見えたり夢に出たりが続くことで、相手の精神状態が崩れて弱ってしまいます。

心身共に相手を弱らせる、それが生き霊なのです。また、霊感などがなくても何となく、誰の生き霊かを感じ取ることもあります。人によってですが、「○○さんのような気がする」と虫の知らせを受ける人もいるのです。これは、相手の潜在意識などが相手自身を守ろうとして発生することです。そのため相手は、生き霊を飛ばしたあなたから逃げようとします。結果、恋愛の場合、あなたは避けられたり場合によっては二度と口を利くことができなくなったりするでしょう。

生き霊を飛ばした自分には何が起こる?

まず、恐ろしいくらい疲れがたまります。本来、エネルギーは日々やること・未来への種まきなど、足元や先にある「自分の幸せ」のために使われるもの。また、あなたの奥底(潜在意識)でも「エネルギーは足元や先のために使う」と分かっています。つまり、本当にやった方が良いこと・したいことそして「幸せになりたい気持ち」を無視し、なおかつ他者を攻撃してしまうので、あなた自身にも尋常じゃない疲労がたまってしまうのですね。

さらに恐ろしいことに、生き霊は、自分でも「作ったことに」気づきにくいのです。ですから、どうして自分が疲れているのか、相手から避けられているのか、理由が判明しないことも多々あります。

生き霊を飛ばしている可能性を調べるには?

下記の事柄に当てはまる状況が多い場合、生き霊を飛ばしている可能性が高いです。チェックしてみましょう。

  • 相手のことを考えたときに「どうして」「なんで○○してくれないの」など相手を責める、追い詰めるような気持ちが多い
  • 相手と接したとき責める、追い詰めるような言動をしてしまう
  • 自分から相手に愛を与える行動(楽しませる・喜ばせる・癒すなど)をしていない
  • 自分の気分が変わるようなことをしていない
  • 室内など限られた空間にいることが多い
  • 自然とふれあっていない

これらの項目がすべてではありませんが、当てはまる数が多いほど、生き霊を飛ばしている可能性は高いといえます。

状況を紐解いて見える「生き霊を飛ばしやすい」状況

実は上記の項目から、「生き霊を飛ばしやすい状況」が分かるのです。先ほどの項目を紐解いて見ていきましょう。

①相手のことを考えたときに「どうして」「なんで○○してくれないの」など相手を責める・追い詰めるような気持ちが多い、相手と接したとき責める・追い詰めるような言動をしてしまう

これは相手をコントロールしようとしている「自分」がいることに他なりません。相手を責める・追い詰めるような気持ちが湧きあがる、言動をするというのは、「相手に好きになってもらいたい、そうして欲しい」とコントロールしたいからなのですね。しかし、そうした状態のとき、多くは自分から相手に与えようとはしていません。もらおうとするだけなのです。

②自分から相手に愛を与える行動(楽しませる・喜ばせる・癒すなど)をしていない

①とよく似ています。もらうばかりで与えようとしていません。そのため相手も疲れてしまい、距離を置きたくなってしまうのです。

③自分の気分が変わるようなことをしていない、室内など限られた空間にいることが多い

気分が固定されていれば、視野は狭いままです。また、一つの空間にいることでそれは一層増幅されます。相手に対して思い詰めた気持ちが膨れ上がると考えると分かりやすいでしょう。

④自然とふれあっていない

リラックスすることが少ないため、なかなか落ち着けません。また、呼吸も浅くなります。

生き霊を飛ばさないための方法とそれらのメリット

生き霊を飛ばさないためには、前述した「飛ばしやすい状況」と逆のことを行えば良いのです。

①相手のことを考えた際「元気だといいな・いつもありがとう」など相手を慈しむ・愛を贈るような気持ちになったり、自分から率先して相手に愛を与える言動をする(楽しませる・喜ばせる・癒すなど)

自分から相手に愛を与えられている人はどういう人でしょうか?それは自分を大切にしており、満ちている人です。これは悪い意味で「自分さえ良ければ」ではありません。こうした人は自愛ができているのです。自愛とは自分で自分を許し、認めること。自分の中がしっかり満たされていて、だから相手に愛を与えることができるのです。さらにこうした人は、とても暖かく心地いいオーラを放っています。そのため、接した人も楽しくなったり癒やされたりします。接した相手が好感を持つことも多いでしょう。

②自分の気分が変わるようなことを率先して行う(またそのときの行動や気持ちを充分に味わって楽しむ)

気分転換をしている・異なる空間にも出掛ける(例えば外出など、映画やゲームで疑似体験しても効果大)人は、リフレッシュができているため、思い詰めません。

③自然とふれあっている

自然とふれあっている人は、自然からエネルギーをもらってリラックスしています。何より、呼吸も深く、グラウンディングが出来ているのです。グラウンディングとは地に足が着いている状態のこと。
また自然に触れていることで、視野も広くなります。自然には多くの要素がありますよね。生き物や植物に気候…。生き物や植物たちは、季節ごとに種類やその様子が変わりますし、それぞれで動きや色も異なるのです。また風や雨といった気候によって見える景色も一変しますよね。自然に同じ様相の日は一つとしてない、といっても過言ではないくらいです。それぞれ異なる様相を見て楽しんでいるため、視野や心に余裕が生まれるのです。

上記のような行動をしている人は、地に足が着いており、日々のことや起こるすべてを受け入れて楽しんでいます。だから生き霊も生まれず、飛ばすこともないのです。

生き霊を戻す方法とは

万一、生き霊を飛ばしている?と思ったら生き霊を戻しましょう。生き霊はかんたんな方法で戻せるのです。まず、ゆっくり深呼吸をして気持ちを落ち着けます。生き霊を飛ばしているときは大体、相手のことを考えて思い悩む状態。そういった考えを無にすべく、ゆっくり深呼吸をします。

そして「自分のところに戻っておいで」と呼びかけます。最初は彼のことを考えてしまうかもしれませんが、「戻っておいで」といった呼びかけに集中することで、「今やるべきこと(=生き霊を戻すこと)」に集中できます。

これは、飛ばしていると思った都度行うと良いですね。もし相手のところに飛んでしまっていても、すぐ戻ってきますから、自分も相手も負担が減ります。

飛ばしやすい人はいる?どうしたら飛ばさなくて済む?

飛ばしやすい人とは一つのことを思い詰めやすい人。でもそんな自分を責めることはありません。責めることは悪化の手助けとなるからです。そういう人は「思い詰めた自分・それほどまで相手を好きな自分」を優しくいたわり、許してください。これは自分の内側で自分と対話して行います。

なお、「許す=思い詰めて相手にアクションを起こす」ではありません。自分の内側にいる「思い詰めた自分」をもう一人の自分が優しく見守り、愛を贈るのです。「私は自分を許している・自分を愛している」と声に出したり書いたりすることも効果的ですよ。

それと同時に今を生きましょう。あなたの目の前には何がありますか?仕事や家族、趣味に生活…いろいろあると思います。あなたがしたいこと・やった方が良いこと・やるべきこと、そういった「今」にフォーカスし、それらを楽しみながら行うのです。

「今」を生きることで自然とグラウンディングされます。そして愛を自分に贈り続ければ、それは承認欲求などと異なる真の自信となり、あなたは以前にも増して輝くことができ、魅力的なあなたに生まれ変われます。それは相手へも伝わるでしょう。生き霊を飛ばしてしまっても悔やむことはありません。今できることをして、素敵なあなたになれば良いのです。

鑑定のご予約・お問い合わせ

受付時間:午前9時~翌朝5時(年中無休)

ナビダイヤル0570-009-009

Visa-Master-JCB