愛と霊の世界

と霊、と死、そしてと愛を考える

私たちは、家族やペット、親しかった友人や恋人と死によって別れを迎えることがあります。死別というのは、永遠に会えないことですし、とても悲しくなりますよね。しかしいつまでも悲しんでいては、霊となった彼らが成仏できず、苦しい思いをすることも増えるのです。それはどうしてなのでしょう?霊がこの世に残ってしまう理由やその後どうなるのか、どうすれば彼らはこの世に残らないですむのかについてお伝えします。

亡くなった後霊になったのに、この世に残ってしまう

愛と霊と死

亡くなった後、霊になった彼らはどこへ行くのでしょうか?それはしかるべき世界です。しかし、まれにこの世に残ってしまう場合もあります。どうしてこの世に残ってしまうのでしょうか。それは、この世に未練があると、しかるべき世界にいけないからです。その未練とは何らかのネガティブな思念、たとえば、

  • 心配
  • 不安
  • 妬みやそねみ
  • 恨みや憎しみ

など。こうしたネガティブな思念を持っていると霊は現世にとどまりやすくなってしまうのです。

この世に残った霊はどうなるのか?

では、この世に残った霊はどうなるのでしょう。まず、本来行くべき世界に行けないため、苦しい思いをすることになります。しかるべき世界で修行を積んだ結果、人間の世界に「修行のため訪れる」場合は、苦しい思いをしません。この場合、目的もありますしランクの高い霊になっているため、良くない霊に変わることもないのです。

霊にネガティブな思念を生むのはこの世の人間

亡くなった人やペットのことを考えて何も出来ないときもあるでしょう。もちろんその気持ちは大切にしてよいものです。そういった気持ちも行動は別れた相手を愛おしく思ったり敬っていたりといった気持ちから来ているもの。悪いことなんて何一つありません。

しかし、あまりにも長い…たとえば数年単位などで引きずってしまったり、「どうして?」と思い詰めたり、こうしたことが積み重なることで、ネガティブな気持ちは大きくなり、結果亡くなった人やペットを縛ってしまうのです。これは恋愛でいう執着に似ていますね。

  • チャンスがない
  • チャンスがあっても何もない状況が続き、好きな人との関係がなかなか進展しない
  • 相手に他に仲の良い人がいてうらやましいと感じている

こうした「うまくいかない」状況が続くうちに、焦りや不安が芽生えることは多々あります。結果、「どうしてあの人ばかり彼と仲が良いの」「あの人と付き合えなかったら私は幸せじゃない」とだんだんネガティブなことを考え、執着が始まるのです。

執着がいきすぎれば、生き霊になることもありますし、それにより、相手を良くない方向に導いてしまうことも増えるでしょう。また相手も、「あなたの生き霊」が来ていることに気付いてしまう場合も多々。そうなると、あなたも相手も幸せから遠ざかりますよね。

ネガティブな気持ちが霊に伝わり、この世にとどめてしまう

前述の通り、ネガティブな気持ちが募ると、霊を引き留めてしまいます。本来、ある程度の期間がきたら、霊はしかるべき世界に向かい、いっときの休みを得たり次はどのように生まれ変わるかを定めたり、あるいは修行を積んだりしていくのです。つまり、次のステップに進むため、しかるべき世界に向かうのですね。この流れは、自然なことですし、この世の人間が個人的な思いで止めていいことではありません。

また、しかるべき世界に行ったからといって二度と関われないわけではないのです。しかるべき世界で修行を積んだり機会を得たりして、守護霊や指導霊などになり、亡くなった人やペットと再び関わることも多々あります。それに、お盆という「帰ってくる時期」も存在しますよね。

じゃあどうすればいいの?

それは、「しかるべき世界でも元気でいて欲しい」「出会えて幸せだった」とポジティブなことについて祈ること。こうした「嬉しい・幸せ・楽しい」といった内容を考えれば、それも亡くなった人やペットに伝わり、彼らのエネルギーとなるのです。

つまりあなたが何を思うかで霊を引き留めるか、エネルギーとなるか変わるのですね。「あなたも彼らも幸せになるには?」と考えると、できるだけ「幸せなこと」を考えたほうがより良いと思いませんか?

知っておきたい 心霊スポットにいる霊はネガティブな気持ちが強い

心霊スポットに存在する地縛霊や浮遊霊のネガティブな気持ちは強いですから、ネガティブな気持ちが霊を良くない方向へ導くと分かるでしょう。しかし、地縛霊や浮遊霊はどんな気持ちを持っているのでしょうか。たとえば、

  • 本当は成仏したいのにできず、恨みを持っている
  • 特定の人間に深い恨みや妬みを抱えている
  • 人間であれば誰しも憎い

などです。また、こうしたネガティブな気持ちを持つ霊が多く集まることで、それぞれの霊が持つネガティブな気持ちも増幅されていきます。すると、それにより場所そのものの気も「良くない気」に変わっていくのです。

そうして心霊スポットは、呪われた場所と呼ばれるような、嫌な雰囲気をかもし出すスポットへと変わります。もちろん、人間にとっても良くないことが起こりやすい場所となるのです。そもそも心霊スポットは暗いときに訪れることも多い場所。さらに電気がなく足場も悪くて、不安な気持ちが芽生えやすいです。その上、こうした良くない霊が集まっています。そもそも、人間が来ると、良くない霊たちは気配を察して、集まってくるのですが…。そう考えると、うかつに心霊スポットへ行ってはいけないというのも分かりますね。

悲しまないで! 彼らは守護霊や指導霊になって見守ってくれる

前述の通り、あなたの親しかった人や可愛がっていたペットがしかるべき世界に行ったあと、守護霊や指導霊などになって、再びあなたと関わることも。こうして再び関わることも多い守護霊や指導霊とは何でしょうか?

守護霊はあなたを守る素晴らしい霊

守護霊とは、あなたを守るだけの力があると認められた霊のこと。霊としてのランクも持っている能力も高い素晴らしい霊です。あなたが困った際にヒントを与えてくれたり、優しく見守ってくれたり、そのときは痛みを感じたとしても後で役立つ力となる経験に導いてくれたり、あなたが人として成長できるよう力を貸してくれます。
守護霊の加護を受けるには、

  • 普段から感謝の気持ちを持つ
  • お墓参りなどで先祖の霊を敬う

とよいでしょう。また、自分自身がきちんと生きようと意思を固めることも重要です。きちんとした意思を持っているというのはつまり、人としての成長が進んでいること。より、守護霊からのサインやサポートを受け取りやすくなります。

指導霊はあなたを育て導く素敵な霊

指導霊とは、あなたが関わる事柄を教え導いてくれる霊です。私たちは生きている間、生き方や自分そのもの、仕事や趣味、恋愛や家族、人間関係とさまざまなことに関わり、取り組んだり悩んだりします。しかしその中に、

  • 特に強い興味を持ったこと
  • 好きと感じること
  • 「やりたい」と強い意志を持って進めていること

があるでしょう。そういった事柄に取り組む際、より上達できるよう力を貸してくれるのが指導霊なのです。過去には、霊の力を借りて作曲をしたといわれている「ローズマリー・ブラウン」という女性がいます。彼女は、リストやドビュッシー、ブラームスやベートーヴェンなど名だたる作曲家の霊たちから、口述にて曲を授かったといっており、後にその曲を世に発表しました。ローズマリー・ブラウンが受け取ったとされる音楽は、2014年、日本でも発売されています。録音された1969年から45年を経て、世界の作曲家たちが残したとされる曲が世に発表。とても面白い話ですよね。

指導霊は、どんなことでも上達させてくれるのでしょうか?何もしなくても上達させてくれるかというと、そうではありません。あくまでも自身が強い気持ちを持ったり取り組んでいたり、といった際に、力を貸してくれるのです。
たとえば、

  • 上達のヒントを探していたら自分が求めている情報にいつの間にかたどりついた
  • たまたま出会った人がその道に詳しい人だった
  • たまたま読んだ本や見たサイトに探している情報が掲載されていた
  • 手がけているうちに「こうしたら良くなるのでは?」と突然ひらめいた
  • かかわっている人から具体的なアドバイスをもらえた
  • 夢などで突然アドバイスやヒントを得た

このように、「なぜか分からないけど不思議なかたちで上達のヒントを得ていた」といった状況はまさに指導霊のサポートといえるでしょう。

またあなた自身のランクがあがると、指導霊のサポートももっと細かく深いものになります。指導霊の指導レベルは、あなた自身に依存。そのため、あなたが上達すればより上級のサポートが得られるのです。場合によっては今までサポートしてくれる指導霊のランクがあがる、もっと高位の指導霊と入れ替わるなんてこともあります。

死別したから永遠の別れではない、悲しみ過ぎず幸せを願う

死別した=永遠の別れではありません。確かに、声を聞いたり顔を見たり触れたりすることができなくなりますが、その存在を思い出すことはいつでもできます。もちろん、悲しむのは悪いことではありません。悲しむことで区切りにもなりますし、悲しみが芽生えるのは彼らを愛おしく思ったり敬ったりしているのですから。しかし、悲しみ過ぎれば、ネガティブな気持ちを生み、彼らをこの世に引き留めてしまいます。それは彼らにとってもあなたにとっても望む結末ではありません。

一通り悲しんだ後は、彼らの幸せを願いましょう。守護霊や指導霊として、あなたを助けてくれる存在となる場合もあります。何よりあなたが、彼らに向けて「幸せになって欲しい」「嬉しかった」「ありがとう」といった幸せなことを考えれば考えるほど、彼らは安心できます。彼らもあなたも素敵な道に進むことを考える、これが大切なことなのですね。

鑑定のご予約・お問い合わせ

受付時間:午前9時~翌朝5時(年中無休)

ナビダイヤル0570-009-009

Visa-Master-JCB