鑑定霊能術紹介

霊感

霊感

一般的に人は、視覚・嗅覚・触覚・聴覚・味覚の5つの感覚(五感)を使って外部からの刺激や情報・思考を判断しています。それらは直接感じることのできる刺激であるのに対して、霊感は感覚器官を一切必要とせず、能力者の頭の中で処理される情報だということです。相談者が特に口にしなくても、電話占い愛染の霊能者が相談内容を言い当てるのは、この霊感が特に優れているからなのです。本来、この霊感は全ての人に先天的に備わっているとされ、「第六感」とも言われます。ですが大多数の人は大人になるにつれて次第に退化していき、五感のみで物事を判断するようになっていきます。小さな子供がなにか不思議なものを見たと言ったり、不思議なことを口走ったりするのは、この霊感がまだ強く残っているからなのです。

霊感の先天的な強さは人それぞれ異なります。平均より著しく強ければ、それは潜在的に霊能者の才能がある人です。そういった人は芸能界や芸術の世界などでよく見られ、霊感が退化してしまっている代わりに五感が非常に明敏で、類稀なる感性を発揮したり、尋常ならざるカリスマオーラを纏わせたりしています。そして、霊能者として活躍する人は、潜在的な霊感が強く、またそれが年を経ても全く退化しなかった、極めて特殊な人です。そういった人は幼少期から不思議な体験をすることが多く、また普通の人と全く違う感覚を持っているため、集団で浮いたり、いじめを受けたりする経験も多い傾向があります。また霊の憑依に悩まされたり、人の心や未来が勝手に見えたりすることで精神的にナーバスになってしまう傾向もあります。しかし、そういった状態を乗り越え、自分の霊能力を正しく制御できるようになり、それを用いて他人の助け手、導き手となれるように成長することで、晴れて一人前の霊能者となることが出来るのです。

ですから、霊感とはいわば霊能力そのものであると言えます。霊の存在、高次元の意思、また人の心、人と人との縁の結びつき、大いなる運命の流れ、迫り来る未来……。そういったものを五感に頼らず高精度で感じ取ることができる能力、それこそが霊感です。電話占い愛染の霊能者は在籍する前に必ず厳しい試験を受け、そこでこの霊感を試されることになります。先天的に強い霊感を持っている方、そしてそれを用いて人の意思や未来を正確に言い当てられる方のみが、電話占い愛染の在籍霊能者となることが出来るのです。

鑑定のご予約・お問い合わせ

受付時間:午前9時~翌朝5時(年中無休)

ナビダイヤル0570-009-009

Visa-Master-JCB