霊能者の言葉

電話占いで未来を知り、転機の訪れを知った相談者

東京都国分寺市・国生麻美子さん(40歳・弁護士)

イメージ

国生さんは、国際弁護士として活躍しており、女性弁護士としても注目を浴びています。そんな国生さんは5年前、日課である公園の散歩をしていた時のこと、1人の男性に声をかけられます。そうそれが、デビットさんです。
デビットさんはカナダ出身で、日本へは転勤で訪れました。デビットさんは、健康的な女性がタイプで、毎日散歩する国生さんを見て、いいなあと思っていました。デビットさんは、日本語があまり得意ではありませんが、国生さんと友達になりたいと考え、声をかけたのでした。
国生さんは最初外国人旅行者かと思い、デビットさんの話を聞きました。すると彼は、仕事で日本にいること、またシステム関係の仕事をしていること知ります。では一体なぜ、彼が自分に話しかけてきたのか?と考えたところ、外国人はフレンドリーな人が多いため、たまたま散歩していた自分に話しかけてきたのだろうと思いました。しかしこれは1度だけではなく、何度も続きました。なぜだか毎日のように話かけられる国生さん。国生さんは、英語も堪能なことから、自然とデビットさんと色んな話をするようになっていきました。デビットさんと何気ない会話を重ねる国生さんは、デビットさんの誘いで食事に行くようになり、2人は交際をスタートさせます。

国生さんは特に結婚願望がなかったこと、また仕事が楽しかったことから、現状維持がベストだと考えていました。2人の交際は順調で忙しい時間の合間を縫っては、一緒に散歩をしたり、食事をしたり、時には温泉旅行へでかけたりと楽しい日々を過ごしていました。そんな中、月日はあっという間に過ぎ、気がついた5年ほど経っていました。デビットさんは、会社からカナダ本社へ戻るよう指示が出ており、国生さん結婚を申し込もうと考えていました。まずはカナダへ戻るよう指示が出たことを話すデビットさん。国生さんは、いずれその日が来ると覚悟をしていたものの、やはり彼の帰国令に寂しさを覚えていました。デビットさんは国生さんに「私と結婚して、一緒にカナダに来てくれないか?」と言いました。しかしもともと結婚願望がなく、仕事が絶好調な国生さんは日本から離れる気はなかったことから、デビットさんのプロポーズをお断りしたのでした。

こうしてデビットさんは帰国日となり、カナダへ帰っていきました。国生さんは、このころすっかりデビットさんとの生活に慣れていたことから、彼がいなくなり、急に寂しさが湧き上がってきました。一緒に散歩したコース、一緒に食事したお店、デビットさんが大好きな和食…全てが、味気なく感じるようになっていきました。多少寂しいと思うことは覚悟していたものの、すっかり抜け殻のようになってしまった国生さん。デビットさんの存在がこんなに大きかったとは、想像もしていませんでした。国生さんは仕事も身が入らなくなり、デビットさんのことを思い出していました。そんなある日のこと、国生さんは裁判で大きなミスをしてしまいます。いつもなら絶対にありえないミスでした。こんな凡ミスをしてしまうなんて…と落ち込む国生さん。そんな時、デビットさんから国生さんに連絡がありました。麻美子は元気か?と自分はカナダで、元気に暮らしているとの内容でした。このメールを見て、号泣してしまった国生さん。デビットさんのもとへ行きたいと願う自分がいることに気がつきました。そんな中、国生さんは以前から雑誌を見て気になっていた霊視占いを受けたいと考えていました。早速インターネットで、霊視占いで検索してみると、電話占い愛染の口コミの記載を発見しました。

こうしてカナダへ向かった国生さん。国生さんは、徹夜で仕事をこなしていたことから、飛行機の中で熟睡していました。そのとき国生さんは、不思議な夢を見ました。それは赤ちゃんの夢です。赤ちゃんが国生さんのもとへ駆け寄ってきます。赤ちゃんはまだ歩けず、ハイハイして駆け寄ってきました。赤ちゃんを抱える笑顔の男性。それはデビットさんでした。それから女性が「ご飯できたわよ」と声をかけ、デビットさんと赤ちゃんは、食卓につきます。食卓には、デビットさんの好きなちらし寿司や焼きそばがところ狭しと並んでおり、エプロン姿の女性が、ミルクをもってダイニングに現れました。そう、その女性は国生さんです。幸せに満ち溢れた家族と食卓。国生さんが目覚めた時、ちょうどカナダの空港へ着陸しました。空港には、笑顔で待ち受けるデビットさんの姿がありました。国生さんは次のように語っています。

国生さん

私にとって、仕事はかけがいのない存在でした。仕事こそ全て、そう言っても過言ではありません。もちろん仕事も楽しかったですし、今もまだやりたいなって気持ちがないといえば嘘になります。けれど、女性としてそして一生をかけて、この人といたいという人にめぐり合えたことが、何よりの奇跡だと思うんです。私の中で迷いがあったので霊能者の方に相談したのですが、もし相談していなかったら、私は大事なことに気がつかず、今も仕事をしていたことでしょう。今私はデビットさんと結婚し、子供を授かりました。あの時霊能者の方に背中を押していただき、カナダへ向かいました。もしカナダに行っていなかったら、こんな大事な宝物には到底めぐり合えなかったことでしょう。私に限らず、仕事か恋愛か迷う時期って必ず来ると思うんです。迷ったときは、まず電話占いで鑑定してみるのも一つの手だと思います。思わぬことで、転機が訪れるかもしれません。仕事に追われる日々を過ごしていると、恋人や家族のありがたさは、なかなか実感できなかったりするんです。存在が身近すぎて、そして日々の生活が忙しすぎて、つい忘れてしまうんですよね。

電話占い愛染の電話占いでは、霊視鑑定を行い、あなたの未来を予知します。未来への道は、何通りもあります。どの道へ進むかはあなたの選択次第です。女性の社会進出が当たり前となった今、仕事か恋愛かで悩む相談者は年々増加してみます。そんな中、迷いが生じた時は霊視をおこなってみるのもお勧めです。電話占い愛染では霊感が強い霊能者が、あなたの未来を透視し、鑑定しております。是非、お気軽にご相談ください。

鑑定のご予約・お問い合わせ

受付時間:午前9時~翌朝5時(年中無休)

ナビダイヤル0570-009-009

Visa-Master-JCB