霊能者の言葉

の電話占いで、人生が大きく好転した相談者の声

神奈川県横浜市・長谷川美雪さん(29歳・インテリアコーディネーター)

イメージ

長谷川さんは、都内でOLをされていました。充実した日々で、今の仕事も合っていると思っていましたが、なぜか心は満たされないままでした。それもそのはず、長谷川さんは建築家になるという夢を持っていて、その夢を諦めていたのです。そんな時、大学時代の友達数人で集まる機会がありました。その中に、建築科の後輩も参加していたのです。彼もまた建築家の夢は断念したようだったのですが、代わりにインテリアコーディネーターになっていたのです。彼の話を聞いているうちに、学生時代の情熱が戻って来ているのを感じた長谷川さんは、「そうだ!インテリアコーディネーターの道があったんだ」と心の中で叫びました。それから、その後輩から指導を受けながらインテリアコーディネーターの資格取得のための勉強を開始したのです。長谷川さんは、後輩と会っているうちにだんだんと彼に惹かれて行くのがわかりました。でも、今は資格取得に集中しなくてはと自分に言い聞かせ、恋はしばらく封印することにしたのでした。

それから半年がたったころ、猛勉強と後輩の指導のおかげで無事にインテリアコーディネーターの資格を取得した長谷川さん。そしてなんと、後輩が勤める建築会社に就職することができました。新人であった長谷川さんでしたが、建築家を目指していたので建築関係の知識は豊富で、内装のセンスも抜群。新人と思えないほどの活躍ぶりでどんどん仕事を任されていきます。そんな充実した毎日を送っていた時、突然、あの後輩から告白をされました。後輩の彼も長谷川さんのことを想っていて、資格取得まで気持ちを抑えていたのです。しかし、長谷川さんは後輩の彼からの告白を保留にしました。長谷川さんも同じ気持ちだったのですが、実は他に気になる男性がいたのです。

その気になる男性というのは、先輩のインテリアコーディネーターでした。初めて一人で担当した現場で、右も左もわからなかった長谷川さんを優しくサポートしてくれたのです。その男性は長谷川さんとは10歳も年上でさらにバツイチでしたが、そんなことも気にならないほどに彼にのめり込んでいくのを感じていました。しかし、長谷川さんは後輩の彼の事も想っていたのです。今の自分があるのも後輩のおかげだし、惹かれているのも事実。でも、彼は何か物足りない…。やがて仕事も手につかなくなるようになり、ミスを連発するようになってしまいました。このままではいけないと思った長谷川さんは、友人にこのことを相談しました。すると、霊能力を持った霊能者に相談してみたらいいと教えてくれたのです。その頃、テレビでも有名な霊能者が次々と言い当てたのを見ていたので、霊能者の鑑定に興味はあったようなのです。友人の話を詳しく聞いてみると、電話で気軽に相談できるようだったので、それならばと思い、電話占いに相談してみることにしたのです。

こうして後輩の彼を選んだ長谷川さん。後輩を呼び出し、返事を保留にしていたことを詫びて彼の想いを受け止めたのです。その後二人は順調に交際を続け、結婚をされたとのことでした。後日、夢も幸せも手に入れることができた長谷川さんは、次のように語ってくれました。

長谷川さん

今回の鑑定は驚きの連続でした。それまでは電話占いという言葉さえも知らなかったので、このタイミングで知ることができて本当に良かったです。電話占いを利用していなかったら人生が悪い方向に変わっていたかもしれません。その時の自分の気持ちはほとんど年上の彼に傾いていましたから…。電話占いを紹介してくれた友人にこのことを話したら、当然という顔をして、私と一緒に喜んでくれました。友人も人生のどん底にいた時に、電話占いの先生に救ってもらったことがあったようなのです。あの時、先生に鑑定をしていただいて本当に良かったと実感しています。

こうして幸せをつかんだ長谷川さん。一方で、年上の彼は派手な女性関係が公になり、それが問題になって会社を辞めることになったそうです。人生はまさに紙一重です。霊視による鑑定を受けていなかったら、長谷川さんは不幸な道を進んでいたかもしれません。
自分では解決できないような事、複雑な恋愛問題、将来への不安、どんな悩みでも霊視と霊感で解決が可能です。ぜひお気軽に電話占い愛染までご連絡ください。

鑑定のご予約・お問い合わせ

受付時間:午前9時~翌朝5時(年中無休)

ナビダイヤル0570-009-009

Visa-Master-JCB