愛と霊の世界

復活愛成就、あなたが再びされるまで

イメージ

かつて恋人であった二人が破局する。よくある話ではありますが、当事者の二人としては非常に心苦しい話でもあります。破局とは、概ねそのどちらかが別れを切り出し、どちらかがそれを受け入れる、という形になります。「どちらが悪い」と一概に言える状況は稀で、大体は両方のそごが原因となり、些細な問題が少しずつ蓄積され、そして決定打となる何かが起きて破局へと至る流れが主です。電話占いにはこういった過程を経て破局した方からの「別れた彼とやり直したい」という内容のご相談が多く寄せられます。

気まずい破局の方が復活愛に繋がりやすい

一般的な認識として、例えば喧嘩別れやフェードアウトなど、険悪な雰囲気で破局したふたりが復活愛に結び付く可能性は「低い」と思われがちです。それは現実問題として当然なのですが、こと霊能の見地から見れば、「気まずい破局をした二人の方がかえって復活愛に繋がりやすい」ということが出来ます。話し合いを経て二人とも納得する形で別れたふたりの場合、互いの縁がきれいに切れていることが多く、その一方、禍根の残った二人はそもそもまだ霊的に縁が切れていないことの方が多いのです。

「好きの反対は嫌いではなく無関心」とよく言いますが、これは霊的にも本当です。「あいつのことを思い出すだけで腹が立つ!」「彼のことを考えるだけで悲しくなる……」といった感情の動きは、まだ縁が切れていない証拠と言うことが出来ます。当然、それは良好な縁ではなく悪縁の類に分類されるものです。しかし逆に言えば、縁の性質を良化させることで再び良縁の結び付きに戻すことが可能であると言えます。霊的な縁の結び付きが回復すれば、現実的な関係性もそれに準じることとなり、二人は再び出逢い、かつてのわだかまりが解消され、再び相思相愛の関係になることになります。

簡単に割り切れないのは振った側も同じ

我々霊能者は対人問題を鑑定する際、まずご相談者様自身を霊視し、その縁の結び付きを辿ることでお相手の方を霊視します。気まずい破局や修羅場を経た二人は、現実的に縁が切れていても、霊的には悪縁で結ばれ続けています。悪縁で結ばれている相手を霊視するのは大変容易なことです。彼が現在どのような生活をして、どのようなことを考えていて、どんな相手と付き合っているか、などまで手に取るように分かります。これはあくまで霊視の体感ですが、気まずい修羅場を経て破局した場合、振った側にも複雑な感情が強く残っていることが多く、例えば彼が彼女をこっぴどく振った場合、むしろ振った側の彼がいつまでも「あの時はひどいことをした」「あの頃に戻りたい」とくよくよ考えていることが多々あります。人はそう簡単に割り切れる生き物ではなく、非情になりきれるわけでもないのです。

振った彼の心を霊視して、そこに少しでも後悔や反省の念が見つかったなら、あとは簡単です。縁の結び付きを浄化し、彼の想いを念で刺激するだけで、ふたりは霊的に恋人だった頃の状態に戻ります。この霊的な状態は現実に反映されます。現実のふたりも再び自然な形で引き寄せ会い、自然な気持ちの赴くままに結ばれ、再び相思相愛の関係に戻ることになるのです。

もう一度あの人に愛されたいあなたへ

復活愛成就には様々な方法がありますが、最もオーソドックスな方法はこのような形となります。電話占い愛染の霊能者はこういった復活愛成就を得意としている者が多く、復活愛成就に関して多数の実績があります。場合によっては霊能者の方が「このような行動を取って下さい」と指示することもありますが、それは間違いなく復縁に向かう流れを引き起こすための引き金ですので、指示に従い行動することで確実に復活愛成就へと近付くことができるでしょう。振られてしまった彼に「もう一度愛されたい」と願っている方は、ぜひ愛染の鑑定を受け、願いを現実のものとしてみて下さい。

鑑定のご予約・お問い合わせ

受付時間:午前9時~翌朝5時(年中無休)

電話番号03-6271-0911

Visa-Master-JCB